山にいます

山にいます

少し冷たい空気に鹿の高い鳴き声が響きます。若い頃は考えもしなかった、後何回この山へ来れるだろう、なんて。一歩一歩踏みしめるように、枯葉の落ちた柔らかい土を踏みしめる。